すーさんぶろぐ

\すーろぐだよ/

過去の自分に救われてる


ここ1週間ほど、心のバッテリーが消耗しすぎて

かなり地獄だった。


というのも、会社の同僚が結婚をして

家事に専念する為退職することになったからで。


同じフロアで唯一同い年の彼女には、

わたしにはできない選択の行使権があって


日々もやもやしながら仕事している

曇り空のわたしの頭の上を、ジェット機みたいに

超高速で突き抜けていったように感じられたから。


隣の芝生は青い、と似た感じで

隣のお空は晴れやかな青空なんだなって

嫉妬しちゃって、ただただそんな自分が悲しや。。。


送別会の翌朝、土曜日なのにもかかわらず

仕事の日みたいに朝早く目覚めた。


昨夜はあんなに仲良く話して送り出せたのに、心の中に違うイヤな想いが残ってたのに気付いたのが、ショック。


残った酒は簡単にリセットできる体なのに

残った感情は行き場がないから心は難しい。


わたしの地獄の鬼たち、嫉妬や自己嫌悪という金棒振りかざして追ってくる。


f:id:su___san:20180226013809j:plain


でもね、鬼ヶ島よりこわそうな池袋の街で、

セミナーを聞いてきたとたん、安らぎと安堵がわたしの心に帰ってきた!


セミナーは、豊島区主催で田中俊之先生が男性学について講じるもの。


大学時代、田中先生の講義を受けていて

コメントペーパーを出すタイミングで

鈴木さん今日は起きてましたねって言ってくる、やや厭味な変わった先生で好きだった。


今回の講演で、わたしは男性の生きづらさに気づく為の、社会の見方や

そもそもなぜこの議題について、考えるべきなのかっていう動機付けのヒントをもらった。


そして何より、意味があったのは

「そうそう〜これこれ〜社会学バンザイ。多様な価値観を認めてこう。」という感情を思い出したこと。


だってやっぱり男女問わず、自分の理想を実現できる道筋を誰にも邪魔されず選択できる社会がいいよな。


男が一生をかけて働き妻子を養い、

女は結婚したら仕事を辞めて家庭に入る。

間近で見たこのスタイルに、ひどく嫉妬していたわたしは頬をたたかれた気がする。


現実を見ろ。

頬を叩いたのは過去のわたしだ。

10代のお前は何を学ぼうと選択したんだよ。

そんな思いが飽和してきて頭の中は満タン


ここのところわたしを悩ませてきた鬼たち、

ブクブク膨らんだ学びへの情熱で頭の回路からすっかり追い出されてしまった。


良し悪しはわからないし人それぞれの人生、

比べる必要もなければ勝手に心配する必要もなし。


いつの間にか心はいつもの調子で助かった。

過去の自分に助けられつつ、今後も毎日頑張ろう。


自分に自信がついた最中、たったいま地震だ。泣き。


今日の爽快度:★★★★★

今日の運動量:★☆☆☆☆

今日の震度:

f:id:su___san:20180226013423p:plain



戦場のボーイズアンドガールズライフ

なんか24歳の途中くらいから、とても生きやすくなった。

 

真の根明になったような気がする。なんだかやっと人格のチューニングがあったような。

もちろん他の人にとってわたしは、未完成のポンコツにみえるだろう。

でも自分が思う完成がこの地点で、ここからは頑張って歩くのではなくて

出来上がったこの巨体をいろんな世界にぶつけて、まあるくどっかにはまるように

形成していけたらいいなあ

 

最近はすなおに人に向き合って見て

そうすると他人もすなおに感情を見せてくれたり

こころをほんの少しでもひらいてくれたりする

(わたしは根明なので、ネガティブ感情を共有することはあんまりないから幸せなやつ)

 

そういう瞬間が好きだからずっとポジティブ野郎でいたいし

バカって思われてもいいからずっと変なことして笑ってたい

 

どうあがいても、とびきり優しい人にはなれないけど

自分が好きな自分になって、周りにいる人を楽しくさせたいな

 

f:id:su___san:20180114160312j:plain

今年の抱負は、1日も無駄にしないことです。

 

今日のすっきり度:★★★★☆

今日のまんぷく度:★★★★★

今日の行動力:★☆☆☆☆

 

飾り棚に好きなものを並べた

街に繰り出すと、誰かが作った誰かへのメッセージであふれているのに気づいたよ

 

チカンに注意!落石注意!シルバーシート エトセトラエトセトラ、、、

 

社会ではいつも、自分以外の誰かが主語であって主役であって

わたしを出そうとするとどこかで調子がおかしくなるし心も擦れて痛い

 

わたしが目覚めるための時計、わたしのテンションを上げる服、

わたしの疲れを取るいい匂いのろうそく🕯🕯🕯🕯🕯

わたしが主語の空間って自室しかない

 

でもねみんなは、こんな孤独を打ち消す方法を知ってる

 

それは自分の家族をつくること、仕事で唯一無二の存在になり必要とされること

強固な信頼関係を友人と築くこと、恋人といつまでも変わらない愛を誓うこと

 

でもそれって、他の誰かを主語にすることで

みんなは早くに結婚してしまうけど、それはとてもめでたいことなんだけど

自分のことも満足に語れないうちに、旦那や子供を主語にしていいの?

 

わたしはあなたの意見が聞きたい、考え方にふれたいし、

あなたのいう「わたしは・・・」に続く話を待ってるよ

 

もやもやした心を、お母さんに話したら

それはしょうがないことなんじゃない、みんながみんな、自分の話に自信があるわけじゃないって言われてしまった

 

お母さんの職場の飲み会なんて、そんな人ばっかりで

他人に興味がないから聞いてもクソつまらないよって言ってた

 

額縁みたいに、自分を立派に見せるために話すの?

それとも愛が溢れて、幸せすぎて口から出てしまうの?

 

後者だったらいいのにな、さんざん旦那や子供の話を聞かされも

それでわたしは幸せなのって言ってくれたら、わたしはあなたの心に触れられた気がするよ

 

わがままな意見だけれど、本心で語り合えば

誤解や齟齬なんてなくて素直な気持ちが現れるって信じてたいな

f:id:su___san:20171029102019j:plain

都心のネオンはカクテル

f:id:su___san:20170731220229j:plain

まだ年齢は時計を2周したところ、

そんなに老けたわけでもないけれど

最近よく、こども時代と今のわたしを照らし合わせて答え合わせをしちゃう


上京してマンションに住んでいた頃は、

夜の街が遠くにキラキラしてるのが見えて

ベランダで胸をいっぱいにしてたな


街の明かりが揺れてるのは安心するね


生まれた場所の夜の静けさは、荘厳だけどおそろしい

夜の暗さかと思うと、もこもこの森や木だし、とおくの山のフクロウのホーホーって声がほんとうにこわい。セミの鳴き声はゆるす。


小さい頃におばあちゃんちにあった、マンハッタンの夜景ポスターが大好きで都会に憧れた


さみしさや影のない、まぶしい日々があるんだろうなって夢を抱いていたんだな。だから、いまでも都心の光が好きだよ。


精神力が強くなったら、ずっと田舎でも生きられるかな?




本日のアンニュイ度★★★★☆

本日の夜風の心地よさ★★★★★

本日のパワー☆☆☆☆☆

インディジョーンズ


東京に夏来る

ムンムン熱気の7月なのに
梅雨明けしてないなんてびっくりだよね

夏といえばアバンチュール
でもわたしの恋愛スタイルは石橋を叩きに叩いた挙句
別の道を探すといって帰宅する感じだと思う

逃げるのも選択のうちだけど
何にもやりたくない訳じゃなくって

はあ。このまま縁もゆかりもない土地で
孤独にひとりで過ごしていくのかな・・・

そう思うたびに寂しさの重しで
心がぎゅぎゅっとつぶれてしまいそう

いつもいつもダメな理由だけはご立派な
自分が許せなくなったんじゃなくて、
周りからそういう奴って印象で終わっちゃうのが嫌で
単純に自分がわがままで傷つきたくないだけで
なんだかつまらん人間なのだ

それでもなんとなく前進したくて
友達に甘えてメンズを紹介してもらうことにしたよ!!

-----------------------------------------------

子供の頃は、自分の立ち位置って
この中でどこにあるのかなってよく思ってて

スポーツができる子、勉強ができる子
ピアノが得意な子、容姿に恵まれた子

小学生の頃のわたしはそれこそ
水泳もピアノも中途半端、勉強も国語しかできない
とりわけブスでもないが褒められることもない凡庸な顔

個性的な性格と揚げ足とりのうまさだけ際立っていて
あ~これがわたしのポジションなのだなと理解したから
無用な焦燥感をもちたくなくてその場所に身を置き続けてきた

でもその場所から恋愛ってフィールドははてしなく遠い
地球を何周してもたどりつかない場所をいま目指してる泣

街行くミニスカートの女の子たちはそれこそ
愛はコンビニでも買えるって思ってそう

私のとってロマンスは
何千年も前に葬られた未開地の地のオーパーツに近い

いろんなものを投げ捨てて探しに行かないと見つからない
泥だらけになって、危険なトロッコにのって・・・

まあ幸いにもわたしが捨てるものは
ちっぽけなプライドくらい

だから、紹介してもらった飲み会のメンバーに
ありがとうラインを送ってみた

それも、2日もあいて連絡をしたんだけど
はなこに曰く、紹介してもらって連絡もしなかったら
紹介した人の気持ち無下にしてるのと一緒だよって言われてだった

ほんとその通りで、与えられたチャンスや環境に感謝しないと
何事も前進は無理そうだしぬくぬくの自宅から出られないニートと同じ心

ハートがほこりかぶっていく
このままじゃ虫食いしててもきづかない


結局女の子と仲介的な男の子からしか
返事はこないけどいいのだ

これがこの夏、やっとの一歩

f:id:su___san:20170709192540j:plain

本日の健康度★★★★☆

本日のスピード感★★☆☆☆

本日のモテ度☆☆☆☆☆

 

働くのも大事vol.1

働くのはメンドクサイ、その上自由もきかないしできることならやりたくないな


でもお金があって、暇がつぶれて、そんな”ほどほどが良い”社会の生活がしたくなる


いやならやめて、何度でもチャレンジしていきたいな。

きょうはテレアポ地獄、体育会至上主義、中央線内で号泣した

法人営業の日々で脳みそがばぐったわたしが

”これほんとはやりたかったの!”

とむりやり思考の舵をきって働いてみたIT企業の話を書きます



①優雅な層が大集合、白金ランチ1.5H!!!

最寄り駅は白金高輪、スーパーでお茶でも買って出勤しようと思うも

駅直結スーパーはクイーンズ伊勢丹、あ~高い


それもそのはず、港区のセレブタウン白金・高輪地区

南北線を降りて一番近くの企業は日経BP

かっちょええバリキャリOLが闊歩するビル有り


南麻布に所在するIT企業にアルバイト採用されたのは

人材営業会社をやめてすぐの頃だった


そのIT企業は新卒の頃、怠け故に連絡をぶっちしていた企業・・・

まあ何故か採用されたので晴れて非正規のWEB系の仕事にありついたのでした・・・


配属されたのは課金系サービスのセクション、

時間制の料金プランやポイントなど導入されていて沼みたい

でも働いてるのはセレブ風おばさん(都内高級住宅地に一軒家)

アジアモデル美人、ハーフ系でかわいい教育係(的なポジションの人)

そしてリーダーはけーおんの小熊さんのような文系余裕ある風の男性


”勝ち組ってかんじだな”

最初の印象通り、初日だけかと思いきや連日の白金ランチ

しかも毎回のんびりおしゃべりしているので余裕の1.5H超え


ひどいときは教育係と広尾までいってアサイーランチ・・・

おしゃれだけどお腹たまらんがな!!!!


社内にカフェもあるし、コンビニも1Fにあるのになぜか毎回外食

会話内容はセレブおばさんの生活をほめたたえるのと、

モデル美人が夫婦でめちゃくちゃ仲良しなのとハーフ先輩の海外話

f:id:su___san:20170623003104j:plain

(ハーフ系の先輩は春香クリスティーンをもっとロリ系にした感じ)


でもまったく嫌味じゃないのはそれぞれ自慢というよりか、

幸せが当たり前で今まで来た人ゆえの優雅さがあるからなんだよね


②数字に追われていながらも、時間には終われないのはなぜ?

仕事中はというと、社内のフリードリンクをモデル美人が

デスクでこぼしてあたふたして時間が過ぎていったり、

稟議書通すだけで一日が終わったりだとか、のんびり~


一番驚いたのが、200人ほどのフロアが終始静か~なこと!

気が狂うような電話なりっぱなしの日々で消耗していた精神が癒された

あとデスクが広い(当社比)のと机の間仕切りあってプライベート空間がすごい

f:id:su___san:20170623002838j:plain

(これより広くて木目で落ち着いた感じ)


親会社が伊〇忠なので資本的にも安定していて、

あんまり革新的なことはしていないけど程々に挑戦的なかんじで

新卒で入っていたらすごく良い企業なんだな~と思いました。


あといい人が多かったかな、コンテンツのプロデューサーは美女とイケメン多し

※デザイナーやエンジニアは個性的なかんじ・・・


あと会議中、リーダーあてに”今度の合コンさ~!!”と別の部署の人からの

メッセンジャーがプロジェクタに大きく映し出されて・・・でもみんな(#^^#)て顔

”なんてほっこり進む会議なの~ゆるすぎ”声に出したかったな



【面接において】

前職の会社のバイト媒体(マイ〇ビバイト)を使って応募するという皮肉も

受け取ってくれたのか(?)好意的な30分間でした


なぜWEBかという質問には、前職も採用サイトの制作や解析がやりたくて入った(大嘘)

大学の学部でメディア研究をしていてそれが忘れらない(WEBじゃないけど間違ってない)

とまっとうそうなことを伝えてみる。その頃本気でWEB方面が天職かとおもっていた(脳バグ…)

f:id:su___san:20170623003356j:plain


なぜバイトで応募なのかという質問には、以前経験した保育の仕事も捨てがたい

兼任してやってみて、将来は育児に関するWEBコンテンツを立ち上げてみたいと

夢あります風に話してみたよ~まあその頃は本気でそう思っていたので・・・


【退職理由】

やっぱ正社員で働きたいな。キラキラしてる人の中でバイトつらい


この会社が天国に見えたのは前職からの差だと思うけど、

3年目のハーフ先輩が”まだこの子3年目だから”って優遇されてて

2年目から一人前認定してくるマイ〇ビとは大違いで

人をちゃんと育てる会社なんだな…と感じたよ


だから就活の際は、何年目から一人前認定してくるか見たほうが良いよ

(もちろん早く成長したいとかならあてはまらないだろうけど)


以上、検索サイトが主力の元外資・現(ザ)日本企業なIT企業体験話だよ


社員の育ちの良さ★★★★★

オフィス環境★★★★☆

仕事内容★★★☆☆




ヒリヒリするから触って痛い

春がわくわくするのは、何かが終わって

また新しい風が吹く、芽がでる、柔らかな日差しが空のどっか遠くから差してくるから〜



仕事をしていて、叶えたい自分に近づくとか

自己実現は考えたことがなかったけど何となく今日は良かったなって思えて…


新しい人たちのアテンドをしていたら

こっちも瑞々しい気持ちになったよ。


辞める人にいろんな説明をしていたら

頼りにされるの嬉しいなって思ったよ。


ハートをもっていてよかったなf:id:su___san:20170331204207j:plain